鳥取大学持続性社会創生科学研究科 農学専攻

専攻長あいさつ

あらたな農学専攻(修士課程)で学んでみませんか

農学は、私たちが生きてゆく上で最も重要な食糧の生産、加工、流通、そしてそれらを支えるライフサイエンス、さらには我々を取り巻く環境に関わる学問です。

現在、世界各国では食料の過不足、貧困などの問題が深刻化する一方、温暖化等の環境問題も人類の生存に大きな陰をおとしています。さらに、国内においても農林業の衰退は単に産業面のみならず、地域社会並びに環境問題へと発展しつつあります。今日、これらの問題の解消のため、農学はさらに重要性を増しつつあります。

鳥取大学では、開学以来常に地域の問題をとらえて研究を継続的に進め、世界的なものへと深化させてきました。梨、きのこ研究等がその代表例です。これらの研究は、地域の農林畜産業の振興に大きく貢献してきましたが、現在では、日本・世界をリードするより先端的・学際的な研究へと進化してきており、世界へ向けて積極的に情報発信をしています。

このような農学研究の特色を生かし、より高度で充実した大学院教育を実施するため、平成29年4月に大学院農学研究科から、「里地里山環境管理学」、「植物菌類生産科学」、「農芸化学」の3つの教育コースからなる大学院持続性社会創生科学研究科農学専攻へと改組いたしました。これまで以上に専門の研究に集中して取り組めるような内容としております。

農学専攻では国際的な視野を持って、何事にも積極的に取り組む大学院生を期待しています。充実した教育研究施設をもち、かつ豊かな自然に恵まれた鳥取の地で、農学を楽しみ、究めてみませんか。

持続性社会創生科学研究科 農学専攻長
田村 文男

オプション

文字サイズ

  • 標準

文字色/背景色

  • 標準
  • 白/黒
  • 黄/青