鳥取大学持続性社会創生科学研究科 農学専攻

農学専攻の沿革

昭和42年(1967年)4月
鳥取大学大学院農学研究科(修士課程)を設置。専攻の名称を農学、農芸化学、獣医学、林学、農業工学、農業経営学とした。
平成2年(1990年)3月
獣医学科6年制へ移行により、獣医学専攻を廃止。
平成3年(1991年)4月
農学、農芸化学、林学、農業工学及び農業経営学の5専攻を、生物生産科学、農林環境科学及び農業経営情報科学の3専攻に再編成。
平成21年(2009年)4月
生物生産科学、農林環境科学及び農業経営情報科学の3専攻を、フィールド生産科学、生命資源科学及び国際乾燥地科学の3専攻に再編成。
平成29年(2017年)4月
(予定)
鳥取大学大学院地域学研究科、工学研究科、農学研究科の博士前期課程を統合して「持続性社会創生科学研究科」(地域学専攻、工学専攻、農学専攻、国際乾燥地科学専攻)を設置。
農学専攻に3つのコースを置き、里地里山環境管理学、植物菌類生産科学、農芸化学とした。

オプション

文字サイズ

  • 標準

文字色/背景色

  • 標準
  • 白/黒
  • 黄/青