鳥取大学持続性社会創生科学研究科 農学専攻

持続性社会創生科学研究科農学専攻に関する三つの基本方針

修了認定・学位授与の方針

持続性社会創生科学研究科(博士前期課程)の修了認定・学位授与の方針

鳥取大学大学院持続性社会創生科学研究科(博士前期課程)では、専門分野における高度な知識・技術と実践的能力を持ち、かつ分野を超えた持続性社会創生に関わる幅広い知識に基づく俯瞰的な思考力を身につけ、国内外の社会の様々な場において、持続性社会創生に向けてのイノベーション創出に貢献できる高度専門職業人を養成することを目的としています。

本研究科では、学位論文が新規性、創造性などを有しており、以下の能力・素養を身につけたときに、修士の学位を授与します。

  • 社会の持続可能性を理解し、実践に適用できる能力
  • 分野横断的能力をもって、俯瞰的に物事が考究できる素養
  • 専門的な技術開発研究、または高度な専門的業務に従事するために必要な知識・技術

農学専攻の修了認定・学位授与の方針

農学専攻では、学位論文が新規性、創造性などを有しており、以下のいずれかの能力・素養を身につけたときに、修士(農学)の学位を授与します。

  • 農業のグローバル化、生命の生存基盤である自然環境の保護を目的に、農業を支えるバイオサイエンスや食品の機能性を追求でき、鳥取県の特産である梨やきのこなどの生物資源の多様性を理解し、発掘・高度活用できる能力
  • 人々の営みが地域の資源・環境に及ぼす影響を自然科学と社会科学の広い視野から理解し、「里地里山の持続可能な保全・利用」に貢献できる能力

教育課程編成・実施の方針

持続性社会創生科学研究科(博士前期課程)の教育課程編成・実施の方針

鳥取大学大学院持続性社会創生科学研究科(博士前期課程)では、本研究科(博士前期課程)の「修了認定・学位授与の方針」に示す能力・素養を身につけられるよう、次に掲げる方針のもと、体系的な教育課程を編成し実施します。

  • 持続性社会創生に関わる知識、技能、理解を獲得させるために、持続性社会創生を科学的に捉える研究科共通科目と、特定分野の知識・技能を身につける専門科目を融合させたカリキュラムを編成します。
  • 持続性社会創生に関わる諸課題を分野横断的・俯瞰的に把握できるよう、持続性社会創生に関する基本的知識を総合的に学ぶ基盤科目と、専門領域を超えて体系的に学ぶ超領域科目を、研究科共通科目として設けます。
  • 専門分野の高度な知識・技術を修得させるとともに、分野横断的な知識をも修得させる教育を専門科目を通じて推進します。
  • 実践的演習や研究活動を通じて、課題の発見・解析・解決・説明の総合能力を向上させる教育を修士論文の指導を通じて行います。

農学専攻の教育課程編成・実施の方針

農学専攻では、「修了認定・学位授与の方針」に示す能力・素養を身につけられるよう、次に掲げる方針のもと、体系的な教育課程を編成し実施します。

  • 情報発信に十分な英語力とコミュニケーション能力を養うために、英語による論文執筆トレーニングや、海外実践活動を組み入れた実習科目等を基幹科目として設けます。
  • 農山漁村の持続性社会に関わる地域農業の強化、バイオテクノロジー、菌類きのこ資源や森林の活用、水産業の発展など、農学に関わる諸分野の知識、技術を体系的に修得させるとともに、専門性を深めるような展開科目を設けます。
  • 農学に関わる専門的・自律的研究能力を修得するための教育を、当該分野に関する特別演習、そして修士論文の指導等を通じて行います。

入学者受入れの方針

持続性社会創生科学研究科(博士前期課程)の入学者受入れの方針

鳥取大学大学院持続性社会創生科学研究科(博士前期課程)では、地球規模の課題と地域の課題に対する幅広い理解のもとに、自らの専門性を活かして持続性社会の創生を担おうとする、以下の意識と意欲を持った人を求めています。

  • 専門分野において自ら課題を発見して解決するために必要な基礎学力を備えている人
  • 研究に対して広い視野で積極的に取り組む意欲を持っている人
  • 高度な専門性を必要とする職業を担おうとする人

持続性社会創生科学研究科では、こうした入学者を国内外から受け入れるために、多様な入試方法によりその適性を確認します。

農学専攻の入学者受入れの方針

研究科の「入学者受入れの方針」に加えて、農学専攻では、人類の生存に不可欠な農学を自ら主体的に学び、高度専門職業人や研究者として、幅広い視野と豊かな創造力を持って地域や国際社会に貢献することを目指そうとする人を求めています。

オプション

文字サイズ

  • 標準

文字色/背景色

  • 標準
  • 白/黒
  • 黄/青