鳥取大学農学部 生命環境農学科 Department of Life and Environmental Agricultural Sciences

生命環境農学科とは

学科の目的

本学科は、乾燥地における環境・農業問題の解決、流域環境と地域資源の保全とその利活用、有用生物資源による食料生産の推進、生命現象の解明と応用を通じて人類の生存や生活に貢献することを目標とし、地域規模から地球規模までの広範な課題に対応できる学際的かつ総合的な視野、高い倫理観と協働力、高度な専門的実践力を修得し、いかなる困難な課題にも立ち向かえる人材の養成を目指しています。

学科の特徴

本学科は、基礎科学と学科で必要とされる農学科目で構築した共通基盤の上に、学際的な専門教育コースを配置し、発展著しい生命科学と環境科学の成果を取り込んだ農学教育を展開しています。

全ての学生が1年次に学科共通の基礎科目を修得し、農学を学修するための基礎学力を構築します。また、2~3年次にかけて学科共通的な農学の基礎を構築していきます。2年進級時に各自の興味と適正に応じて4つの教育コースに分かれ、食料、生命、環境に関連する特徴ある専門領域の科目群から、授業で理論を学び、実験・実習で協働力や専門的実践力を養います。2~4年次にかけてインターンシップや海外農学実践科目、卒業研究などを通じて農学を俯瞰的に学び個別の分野に捉われない幅広い視野と思考力を養います。

このように学生の興味と適性にあわせた学びのシステムを採用して、無理なく学ぶことができるのが当学科の特徴です。

オプション

文字サイズ

  • 標準

文字色/背景色

  • 標準
  • 白/黒
  • 黄/青