病態学研究部門
疾病管理学研究部門
分子疫学研究部門
研究交流・産官学連携
アクセス
リンク
鳥取大学トップへ
鳥取大学農学部へ
 
 
AZRCとは?
  近年、SARS、MERS、高病原性鳥インフルエンザなどの人獣共通感染症が出現し、大きな社会問題になっています。本センターは、農学部に平成17年4月に、鳥インフルエンザ等の鳥類から人に感染する疾病の対策を確立する目的で設置されました。鳥インフルエンザについては、国内における出現予測、病原体の生態、病原性、遺伝子性状の解析などを行い、新たな流行防止対策の確立を図り、国内危機管理体制確立に寄与することを目的としています。その他、サルモネラあるいは大腸菌症、鳥パラミクソウイルス感染症などの対策に国際的な規模で取り組んでいます。
 
研究成果
 
社会貢献
 
大学院生募集・入試情報 Graduate program admissions

鳥取大学では,平成31年4月に,「大学院共同獣医学研究科共同獣医学専攻」を開設しました。
鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターの教員は,大学院共同獣医学研究科共同獣医学専攻の大学院生の教育も担当しており、大学院生を募集しています。

教育理念,ディプロマポリシーについてはこちらを,入学試験等についてはこちらをご覧下さい。

Copyright(c)2007 Avian Zoonoses Research Center All rights reserved.