病態学研究部門
疾病管理学研究部門
分子疫学研究部門
研究交流・産官学連携
アクセス
リンク
鳥取大学トップへ
鳥取大学農学部へ
 
 
疾病管理学研究部門
村瀬敏之教授   教 授 村瀬 敏之
 
 「新興・再興感染症研究拠点形成プログラム」(海外研究拠点を活用した新規研究課題)における研究課題「ベトナムにおける鳥インフルエンザ侵淫実態調査と流行予測」に分担研究者として参加している。また、鶏卵鶏肉を汚染するサルモネラの生態、病原性および薬剤感受性に関する調査研究を行っている。
ホームページを開く    
大槻公一特任教授   特任教授 大槻 公一
 
 「新興・再興感染症に関する海外研究拠点形成プログラム」(文部科学省)により長崎大学熱帯医学研究所がベトナムに形成した拠点において、研究協力者として、同国の野鳥の鳥インフルエンザウイルス汚染状況を調査している。 また、抗ウイルス性を持つ新素材「加工ドロマイト」の開発研究を行っている。
尾崎弘一助教   准教授 尾崎 弘一
 
  高病原性鳥インフルエンザウイルスに対するワクチン開発を行っている。また、ウイルスタンパクに対する抗体を応用してCNTバイオセンサーの開発、広範囲なウイルス増殖抑制活性を持つ抗体の探索とその応用、分子レベルでの抑制メカニズムを追っている。
ホームページを開く    
 
 
Copyright(c)2007 Avian Zoonoses Research Center All rights reserved.