病態学研究部門
疾病管理学研究部門
分子疫学研究部門
研究交流・産官学連携
アクセス
リンク
鳥取大学トップへ
鳥取大学農学部へ
 
 
分子疫学研究部門
伊藤壽啓教授   教 授 伊藤 壽啓
 
 鳥由来人獣共通感染症としての鳥インフルエンザを主な研究対象として、人の新型インフルエンザウイルス出現予測のための宿主域制限因子の解明や、国内に飛来する渡り鳥を中心とした野鳥のウイルス保有状況調査、野生水禽由来インフルエンザウイルスの鶏に対する病原性獲得機構の解明等の研究を実施している。
ホームページを開く    
伊藤啓史助教授   准教授 伊藤 啓史
 
 鳥インフルエンザウイルスおよびニューカッスル病ウイルスの宿主域、病原性に関する研究を行っている。また、各種機関や企業との連携、共同研究により野鳥の鳥インフルエンザウイルス保有状況の調査や抗鳥インフルエンザウイルス素材、製品に関する研究を行っている。
ホームページを開く    
曽田公輔 講師   講師 曽田 公輔
 
 高病原性鳥インフルエンザウイルスの各種野鳥および家禽に対する病原性とその疫学的意義を明らかにすると共に、インフルエンザウイルスの宿主である水禽からニワトリにウイルスが伝播するために関与する分子基盤の解明を試みている。また、ベトナムの家禽における鳥インフルエンザウイルスサーベイランスを継続的に行っている。
   
 
Copyright(c)2007 Avian Zoonoses Research Center All rights reserved.