鳥取大学農学部 Faculty of Agriculture, Tottori University

新着情報

オオムギの穂の形を制御する仕組みを発見〜 たった1つの遺伝子を改変することで穀粒サイズ増が可能に 〜

学農学部の佐久間俊助教、農研機構次世代作物開発研究センターの松隆夫主席研究員らの国際共同研究グループは、オオムギの穂の形を制御する仕組みを明らかにしました。本研究によってオオムギの穂の形を変えることで穀粒サイズを改良できることがわかりました。特定した遺伝変異はDNAマーカーとして育種利用することが可能です。しかしながら、オオムギ、コムギなどの類において穂の発達を制御する仕組みについての理解はまだ深まっていないのが現状です。類の収量アップにつながる遺伝の単離、機能解明に関する研究の進展が必要とされます。

 本研究成果は2017113に「Plant Physiology」電版に公開されました。

URL: http://www.plantphysiol.org/content/early/2017/11/03/pp.17.01149

 

オプション

文字サイズ

  • 標準

文字色/背景色

  • 標準
  • 白/黒
  • 黄/青